自動車保険の種類

車を運転する際に、必ず入っておかなければならない保険があります。それは「自賠責保険」と言われるもので、自賠責保険での補償額は、1事故1名につき、万が一死亡事故を起こしてしまった際は3,000万円、傷害事故を起こしてしまった際は120万円。そして相手に後遺障害が残った場合は、程度に応じて75万〜4,000万円となっています。そして自賠責保険の補償、適用範囲は「他人を死亡させたり、怪我をさせてしまった場合」となっています。つまり人身事故での「他人に対する保証」に限られているのです。

もしあなたが車を運転していて、壁や電柱、建物などに衝突して、破損させてしまった場合や、自分が運転する車が壊れてしまった修理代などには、この「自賠責保険」は適用されないのです。そうなると、壊した物や破損状況によっては、莫大な金額を自分で補償しなくてはならなくなってしまいます。自賠責保険に入っていても万が一そうなってしまっては大変ですね。

そういった時のために「自賠責保険」の他に、「対物賠償」や「車両保険」といった補償もある「任意保険」にも加入する必要がでてきます。「任意保険」とは、自賠責保険では補償されない部分を補う保険なのです。

任意保険に入る意味

万が一死亡事故や重い後遺症を相手に残してしまう事故をおこしてしまえば、多額の賠償金を払う必要があります。日ごろどんなに安全運転を心がけていたとしても、万が一は突然、誰にでも起きる可能性はあるのです。そういった事態に備えるには「自賠責保険」だけでは補償額や補償範囲が限られてしまいます。そこで「任意保険」に加入する必要がでてくるのです。

自分に合った保険選び

自動車保険「自賠責保険」は車を運転する人全員が加入しなければならない保険ですが、「任意保険」は自分でどんな補償に入るかを選ぶことができ、様々な保険会社の中からより自分のカーライフに合ったものを選ぶことができます。例えば高級車や新車に乗っている方は、「車両保険」はより補償の手厚いものに入っておきたいですよね。また保険の種類によって保証内容が変わったり、加入した保険にさらにオプションを付帯して補償範囲を広げる事も可能となっています。